透視

超能力のひとつ「透視」でさまざまなことを見抜く

占い師が使っている占術を見ていると、「透視」という占術をよく見掛けますよね。超能力者でも透視ができる人は多く、事件解決などにも役立てられている事例があります。では、透視とは具体的にどのような占術なのでしょうか。

「透視」は超能力のうちのひとつ

そもそも透視とは、超能力のうちのひとつです。通常では認識できないはずの人物・現在・過去・未来などを感知できる能力で、その人が話していないことまでぼんやりと見えることがあります。遠くにいる人物の様子を感知できたり、行ったことがない場所の風景が見えたりすることもあります。ペンやアクセサリーなどの物体を触っただけで、その持ち主がどのような人であるか見えてしまうこともあるようです。このような能力である透視を使って、相談者のさまざまな状況を見極め、的確なアドバイスをしている占い師が多いのです。
透視は特別な人しかできないと思われがちですが、実は人間には何かしらの超能力が備わっていると言われています。そのため、素質があれば透視ができるようになる可能性もあるのです。裏返したトランプの数字を当てる・毎日夢日記をつけて自分の潜在能力を目覚めさせるなど、透視能力を鍛えるための方法はいくつかあるようです。

「透視」を使える占い師に悩みを相談する

透視能力を持っている占い師はとても多く、その力がどれぐらい強いのかは占い師によって異なります。力が強い人は、相談者の前世まで見えてしまうようです。前世が現在の悩みに影響していることもあるので、ひとりでは抱えきれない悩みがある場合には、透視ができる占い師に相談してみると良いかもしれません。電話占いでも透視を使える占い師に相談することができます。電話占いならいつでもどこでも鑑定してもらえるので、忙しくても悩みを打ち明けられるでしょう。透視を主な占術としている占い師を選べば、相談者がどのようなことで悩んでいるのかだけでなく、相談者の周辺の現状も透視してくれることでしょう。